« 年末年始のテレビ番組は… | メイン | 看護師として大切な気持ち »

医師の私が娘に聞かせようと思っている童話

産業医をしている私には童話が大好きな娘がいます。
娘にせがまれて童話を作ることもあるんですよ。
私が作る童話はだいたいウサギが主人公。
ウサギ好きな娘が喜ぶのです。
今日の夜、私が娘に聞かせようと思っている童話はこんな話にしました。

『ある森に可愛い白ウサギがおりました。
ウサギは森のみんなから可愛い可愛いと褒められていたので、ウサギは世界で一番可愛いのは私なんだと思っていたのです。

ところがある日…
森に小さな小さなアヒルが迷い込んできたのです。
森のみんなはアヒルに夢中になりました。
アヒルさん可愛いね!どっから来たんだい?

おもしろくないのはウサギです。
私の方が可愛いのに!みんなどうかしているわ!

アヒルがそんなウサギに近付いてきて言いました。
私にそんな長い耳があったら家族の呼ぶ声が聞こえるはずなのに…
ウサギは仕方なくアヒルの為に耳をすませてみました。
すると本当にアヒルの家族が小さなアヒルを呼ぶ声が聞こえてきたのです!

こうしてアヒルは無事家族の元へ帰れることになり、森から去って行きました。
ウサギは再び森で一番可愛いと言われるようになったとさ!
おしまい。』

どんなに嫌いな相手でも親切にしなければいけないよという話です。
今日も私が作る童話を娘は気に入ってくれるかな。
大体は、産業医として働いていて、暇なときに考えています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.3po2.com/mt3/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2015年01月27日 18:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「年末年始のテレビ番組は…」です。

次の投稿は「看護師として大切な気持ち」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38