« アナフィラキシー | メイン | かんこうへんとは? »

気のつかわない医師

お医者さんらしく無い医者っていますね。耳鼻科の医者の当直みててもちょっと前思いましたが。
仕事でお世話になっている医師は普段着でいると、ただの普通のおじいさんです。
話をしても医者らしい所はなく、看護師同士のお茶会や食事会に喜んで参加してくるような人です。
話す内容も、看護師の話に合わしてくれるし、難しいことは全くいいません。
いつもニコニコして、まごをみるおじいちゃんのような先生です。
お世辞にも診療所は流行っているとは言えず…。ですがね。
しかし、患者さんにもとても優しくて進んで往診にもでかけてくれます。
こちらから相談すれば嫌な顔ひとつせずニコニコと対応してくれますしね。
流行っている医者だけが良いと言うわけでは無いと言うのが分かります。
田舎の町医者です。
昔からの患者さんはやはりその先生を慕ってきていますしね。
残念なことは跡継ぎが居ないために先生の代でそこの診療所はしまってしまいます。
先生のお父さんからですから2代で終了です。
子供さんは娘さんだそうで、もうお嫁に出ているようです。
まぁ、それでも良いかなぁ~って笑顔で言いそうな先生ですからね。
色んな先生がいますが、本当に気を使わないで話ができる医師はその先生くらいかなぁ。
先生の人柄ですよね。
医師に定年はありませんからね~。
お幾つまでされるかは分かりませんが1日でも長く診療をして欲しいです。
そして、私たち看護師の愚痴も笑顔で聞いていて欲しいなあ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.3po2.com/mt3/mt-tb.cgi/58

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年08月18日 16:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アナフィラキシー」です。

次の投稿は「かんこうへんとは?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38