« お守りを売っているところ | メイン | 松本伊代さんって人は、、笑 »

努力のたまもののロシア語

語学が堪能、といわれるマサコ皇后ですが、ロシア語が、日常会話程度なら出来るということで、どうしてロシア語?って思ったら、幼いころに住んでいたんですね。
お父様の仕事の関係で。
あちこちに行っているので、なので皇室というかたーいところでの生活に最初は馴染めなかったのです。

さてそのロシア語ですが、いくら幼い頃に住んでいたとしても、使っていかなかったら忘れてしまうものです。
それを覚えているということは、
努力なのだ!
努力のたまものなのです。
そこを忘れてはいけない。
忘れないように日々努力していたのですよ。
英語だってそうです、実に着いていたって、日本にいたら忘れてしまうものです。
だって使う機械がないですから。
それをずっと流ちょうに、通訳なしで談笑されてしまうなんて、
さすがマサコさま。といいたい。

天皇陛下の初恋の相手だったというマサコさま。
いろいろありましたが、正解だったのではないですか。
よかったですよねー。
7年も思っていた、ということですから。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.3po2.com/mt3/mt-tb.cgi/85

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年02月01日 16:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お守りを売っているところ」です。

次の投稿は「松本伊代さんって人は、、笑」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38